大阪市都島区の内科・消化器内科・糖尿病内科・皮フ科・肛門科|医療法人医聖会 玉城クリニック 住所:〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通1丁目21-22
電話番号:06-6925-0806

腸閉塞

腸閉塞とは

腸閉塞腸閉塞(イレウス)は、何らかの原因で、腸の中で食べ物や消化液など内容物の流れが止まってしまう状態です。正常な腸では、内容物が肛門に向かって、一方通行で流れています。大量に分泌される消化液は、下流に進むなかで再吸収され、最終的に最小限の不要物のみが排泄されるようにできています。ところが腸管が閉塞する(ふさがる)と消化途中の食べ物だけでなく、消化液も再吸収されずに貯まってしまい、腸が拡張します。最も頻度が高いものは「癒着性(ゆちゃくせい)イレウス」であり、腸閉塞にかかる患者さんの大部分を占めています。「癒着性イレウス」とは、多くが手術後の影響による癒着によって腸管が折れ曲がったり狭くなったりして、消化管の内容物が流れなくなる状態です。そのほかには、便秘が原因の「糞便(ふんべん)イレウス」があります。便秘が続くと腸管にとどまる便の量が増えるため、大腸は拡張し、腸管が緩んでしまいます。また、たまった便は大腸による水分吸収でさらに硬くなるためますます排便が困難になるという悪循環に陥ります。

腸閉塞の症状

  • 腸閉塞の症状腹部全体の痛み(軽い痛み~激痛まで)
  • 便秘
  • 嘔吐
  • 腹部膨隆
  • 発熱 など

腸閉塞の原因

機械的イレウス

腸が物理的に閉塞している状態で、閉塞性と絞扼性に分けられます。閉塞性イレウスは血行障害を伴わず、胆石や腫瘍、腹部手術などによる癒着などが原因で腸管が塞がれることで起こります。一方、絞扼性イレウスは血行障害を伴い、腸重積や鼠径ヘルニア嵌頓(そけいヘルニアかんとん)、腸軸捻転症(ちょうじくねんてんしょう)などにより腸管がねじれることが原因です。

麻痺性イレウス

閉塞の原因が明確でなく、腸管運動の障害によって起こるものです。開腹手術、急性腹膜炎、薬剤、腸間膜の血栓・塞栓(そくせん)などが原因で、腸管が麻痺することで起こります。

腸閉塞の検査

腸閉塞の検査全身状態の判断のために、血液検査をします。炎症の強さ、脱水の程度、電解質異常、臓器障害の有無などを判断します。画像診断には単純X線写真、超音波検査、CT検査、小腸造影、注腸検査、内視鏡検査、血管造影などがあります。

腸閉塞の治療

保存療法

主に軽度のイレウスに対して行われます。食事や飲水を中止して腸を休めつつ必要な水分などを点滴静注で補ったり、鼻腔から腸までチューブを挿入して腸の中の内容物を吸引して腸管内の圧力を下げたりします。

手術

保存療法でも症状が改善しない場合や血行障害のある絞扼性イレウスなどに対して行います。最近は腹腔鏡による手術が導入されつつあります。閉塞性イレウスのうち、腫瘍が原因の場合は、消化管内の減圧を行ったうえで手術を行います。また、癒着が原因の場合は癒着部分をはがすことで改善をはかりますが、癒着が激しい場合は腸管を切除する場合があります。

内視鏡治療

S状結腸捻転による腸閉塞の場合は、腸管内圧の減圧と腸管の整復を大腸内視鏡にて行い、治療する方法があります。

腸閉塞の予防

腸閉塞の予防原因のなかで最も多いのが術後の癒着性腸閉塞です。腹部の手術歴がある人は数%程度が腸閉塞になるリスクがあり、予防および再発予防には、食事をゆっくりよく噛んで食べる、水分をしっかりとる、暴飲暴食しない、消化に悪いものや、きのこ類、ごぼうやサツマイモなどの食物繊維の多いものを避けるなどの食事療法を実践しましょう。漢方が効果的ともいわれており、継続的に内服するという予防法もありますが、確実ではなく、症状出現時にすぐに受診することをお勧めします。

インターネット予約インターネット予約
胃カメラ大腸カメラWEB予約胃カメラ大腸カメラWEB予約
人間ドッグ予約人間ドッグ予約